15 February 2009

ヨガ療法士養成講座

14日(土)晴れ 翌日15日のヨガ療法士養成講座のレポート作成。朝は雲っていたが、昼前から晴れて暖かくなってきたので、走りに家を出る。中央公園から代々木公園、原宿、表参道、青山一丁目、外苑前、国立競技場、信濃町、そしてパークハイアットのベーカリーでパンをゲットして家へ戻る。距離を測ったらちょうど10キロだが、買い物したり寄り道したりするので、所要時間は1時間30分。暖かい日を浴びに公園には大勢の人出、原宿表参道も大勢の人でなかなか前に進めない。バレンタインでもありカップルも多いような。このルートは華やかで楽しい。家に戻って掃除、洗濯、料理をしながらレポートを作成。

15日(日)晴れ 6時半に起床して町田まで。月1回の日本ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ・ケンドラ東京でヨーガ療法士後期講座。インドの中央政府から大学として認定されているヴィヴェーカナンダ・ヨーガ大学の日本校である。前期講座を卒業し、昨年4月から3年間に渡る後期講座を受講しているのだが、正直、落ちこぼれ寸前である。来月は中間発表があり、論文とプレゼンを行わねばならず、同じグループの方々からいろいろ手助けいただいているところ。先日、女医さんの友人とこの話をしたところ、今後は医療現場で心理療法などのようにヨーガを行う需要はあるだろうから、大変でも論文など書いてきちんやる価値があるとアドバイスを受け励まされたところ。しかし、正直一杯一杯でやっている状況である。今日の講義は高血圧の西洋医学における定義とヨーガ療法における考え方。現時点での行為に集中し、意識化することの重要性。心の働き、スピードをコントロールすることによって、呼吸、血圧に変化を与える。帰り道、町田駅の生活の木でアロマオイルを物色。香りを嗅いで、好きだと思ったもおを選ぶと月桂樹とベルガモットだった。ラベンダーも欲しかったのだが、生活の木のものよりもニールズヤードのものの方が好みなので別途購入することにする。月桂樹は初めてだが、スパイシーな香りが好き。本で調べると、月桂樹とベルガモットの効能が似ていて面白い。体が求めているのかもしれない。夕食はクレソンとミニステーキ。たまに、ステーキを食べると、やはり美味しいと思うのだから、こちらも体が求めているのかもしれない。

No comments: