11 March 2009

3月9日~13日の覚書

9日(月)雨のち曇り 4月からはじまる異動に関連する仕事の比重が多くなる。ほかは、役員会、4月のイベント、来日者関連の仕事など。ルーティンである残業計算関係の作業、今週はほぼこれらを中心に作業することになりそうなので、特筆すべきことは少ない。夜は、東京へ出張中の友達と夕食。お互いの仕事のこと、最近読んだ本のこと、山のことなど。趣味は似ているが読む本の種類が違うので、いつも刺激がある。お互いオススメの本を教えあう。資産の運用について考えているようだったので、初心者でもわかりやすい勝間さんの「お金は銀行に預けるな」を薦めてみたら喜んでいた。私も、小額ながら資産運用について、ちょっと考えないとと思っている時期だったので、いい刺激をもらう。

10日(火)曇りのち晴れ 夜、お茶の稽古へ。釣釜の初炭と台天目手前。中級になったら全て口伝になり覚えるのに必死。生地の水差しにお茶入れを置き合わせ、台に乗せた天目茶碗を運ぶまでが水や仕事。後は、建水を運び出して行う。茶杓は利休好みの象牙を合わせる。普通の手前と違う点は、茶杓を建水の肩に置くことと、湯を茶碗に入れて茶筅通しするまえに、建水の肩に一度置いて、真の袱紗捌きをして台を清めること。茶入からのお茶のかきだしはすべて茶杓で行う。初級の手前がしっかりと身についていないと、違いを理解するのは難しい。基本を頭ではなく体で覚えている、ということの重要性を再認識する。何度も何度も繰り返し行うことで身に着けた技があると、応用の世界へ広げるのが楽。案外、基本を習得中のうちは、早く応用編へと急ぐ気持ちもあって集中できていなかったりする。あとになって、もっと腰を落ち着けてやっておけばよかった、と思う面も。基本の習得の重要性は何にでも共通することだと思う。

11日(水)晴れ 夜、会社に近いエナジークライミングジムに始めて行ってみることに。良く利用するPump1と比較して、駅から近いこと、ボルダーエリアが大きいこと、オートビレイヤーがあることで一人でもふらりと行きやすい。まずは、簡単なボルダーエリアで身体を慣らす。パンプして休むパターンを5ラウンド。オートビレイヤーで、9~11-くらいのルートを10本程度。久しぶりなので、無理しないで長期的に筋力アップをするのだ、と自分に言い聞かせる。ぜんぜん身体ができていないので、しばらくは自分のペースで、すこしずつ登り込まないと。6時過ぎには行けるので、空いているうちに本数ができてよい。8時過ぎくらいから人が多くなるので、ちょうど2時間くらいで終了。利用価値は高い。

12日(木)晴れ 帰宅途中、京都の大好きなM先輩からメールあり。京都に帰る前に新宿で会おうということに。Mさんが以前から気になっていたという、新しいスペイン料理屋へ。スペインの地ビールやサングリアとタパスで。タラとマッシュルームのフリッター、牡蠣とウナギをガーリックオイルで蒸したものなど、〆はパエリア。今回は早稲田に能楽の資料を見にいっていたとか‥相変わらずの探究心。京都のオススメのお漬物屋さんの芥子菜を頂戴する。お互い、お出かけの準備をしていない普段着のまま、といいながら、Mさんはいつものようにとってもおしゃれ。元が美人なので、何を着ても雰囲気が抜群なのだ。ため息。後から、ボクシングの世界タイトルマッチを観てきたという旦那様も合流。旦那様といっても、山の大先輩でもある。山以外にこのような趣味があったとは。ボクシングは山よりも前からの趣味だという。魅力は制約の厳しいルールの中に見る美なのだそうで、研ぎ澄まされた美しい世界なのだとか。見る側にも技の価値がわかるだけの審美眼が要求され、ときにレフェリーも見抜けないような技が繰りだされKOがとられたりもするのだそうだ。

13日(金)晴れのち夜雨 夜は、石井のセールに立ち寄り欲しいものがあったので見てみるが、サイズが合わずあきらめる。知り合いの店の方が、月末から改装工事に入るので、品物の数が少なくなっていると言っていた。納得。その足でコクーンタワーの本屋へ。山関係の本で欲しいものがあったので、山関係の棚の前に行ってみたが品揃えの薄さにがっかり。スペースはあるが、山のことを理解している人がおそらくいないのだろうな、ということが、本の揃え方でわかるような。売り上げにも大きく影響するのではないだろうか。あれだけのスペースがあれば、そろえておくべき本はいっぱいあると思うのだけど。最近、山の本もネットで買うことが多くなってきたが、ますます加速してしまいそう。本屋は本屋の楽しみがあるので、今後に期待。といいつつ、他の棚をぐるぐる見てまわり刺激を受けて、閉店時間まで遊ぶ。

No comments: