22 April 2009

4月20日~23日の覚書

20日(月)晴れ 大日本印刷(株)がジュンク堂、丸善を買収し、日本で最大規模の書店を有することになったという。上司によれば、出版業界で問題視されているという煩雑な流通経路がどう変わっていくのか、今後に注目しているらしい。職場では退職者関係の手続きのため、ハローワークに雇用保険の喪失届けを提出しに立ち寄り。時節柄、混み合っているかと思ったが、想像したほどではなかった。会社から実家までの経路を知りたかったので、実家へ立ち寄り。妹カップルも後から参加して、美味しい夕食。こうして、会社帰りに実家に寄るのも、いいものである。

21日(火)曇りのち雨 お茶の稽古。貴人立、唐物茶入。先生より5月からの稽古日もしくは時間を変更したいが、と相談される。聞けば、従兄弟のお姑さんの介護を週2回手伝うことになった、と。お世話になったので恩返しのため、なのだそうだ。そういう重い選択ができる先生はすばらしいと思う。介護制度に関しては様々な問題が指摘されているが、改善され、ひとりでも安心して年をとれる社会になってほしい。個人的には『ひとりでも』が重要であり、尊厳に関わる問題だと思っている。私たちが支払っている保険料は低くは無いと思うのだが、実際はどうなのだろうか。お金の問題なのか、システムの問題なのか。改善策はあるのだろうか。

22日(水)晴れ PayRollの処理など日常業務。

23日(木)曇りどきどき雨   夜は、勝間さんセミナー2回目。課題の進捗状況を問われ、手を挙げた人は2割程度。案外少ない数。勝間さんが以前言っていたとおり、実行に移す人の割合は、やはり2割なんだな、と実感。今日も、難しい課題が次々と。前回と引き続き、内在する問題の抽出作業。セミナーとは関係ないが、間近で見ると前回そして今回と、勝間さんの外見がどんどん美しくなっていると思う。活躍の場を広げている人の放つ輝き、なのだろうか。あれだけ忙しく活動しアウトプットを行っているにもかかわらず、余裕だあるんだなあ、と思う。同性として魅力を感じる。

セミナーの後、速攻で家へ。登山道具をピックアップして、22:20発の夜行バスで富山へ。

No comments: