3 May 2009

山形スキーツアー 2(蔵王編)

3日(日)曇りときどき晴れ  新宿発のバスに8時間ゆられ6:30山形駅着。夜行バスは安さとストレスのバランスをどこで見切るかなのだと思う。片道5000円だが、満席で席も狭かったので、個人的には3500円くらいにして欲しい感じだ。
初めての山形駅は思ったより綺麗な駅ビルで山形らしさは感じられない。あたりまえだが、少し残念。6時半からオープンしている駅のガストで朝食を取りながら地図を広げる。となりに座った高齢ご夫婦の会話は訛っていて理解できず、ここでやっと遠くへきたと思わせてもらえた。8:00に宿へ電話を入れ、荷物だけ預かってもらいたいとお願いする。じゃらんで探した最安値の宿は東口のバスターミナルから徒歩1分の好立地。蔵王、月山、鶴岡方面へ移動するバスへのアクセスは良好である。

一時雨の予報が出ていたが、天気が持ちそうなので蔵王へ。直前に調べたところ、頂上付近の積雪が少ないようなので、スキーはデポすることにした。山形駅9:30発の蔵王刈田山頂行バスに乗ることができ、2時間バスに揺られブナ林からアオモリトドマツの美しい景色を眺めつつ頂上まで。途中で、宮城県側からのエコーラインと合流するので車量が増える。バスの終点である刈田岳は観光客で大賑い。お買物バッグに犬の散歩というカップルまでおり、残雪期用装備の私は、かなり場違いな感じである。まだ氷の張ったエメラルドグリーンのお釜(蔵王で一番新しい火口)を覗き込む観光客の間を駆け抜け、熊野岳方面へ逃げると人は少なくなり、静かな景色が広がった。途中の熊野岳には、立派な祠が。全国にある”熊野”の山名や地名は熊野修験に関係していると聞いているので、縁があると思い込んでいる私(家の氏神様も熊野神社)は祠に手を合わせてお礼をする。近くには斉藤茂吉の歌碑も立っていた。さらに蔵王温泉方面へ向かうと、私よりも背の高い巨大なお地蔵さんが突如出現。
最後はスキー場を通過して、蔵王温泉着。地元のおばさんに公共浴場を教えてもらい入浴。利用料200円でシャワーも石鹸もないが、硫黄臭漂う最高の泉質であった。じっくり浸かっていたら、右ひざの痛みが無くなったほどである。山形駅までのバスまで時間があったので、町を散策、山形の各地で見ることになる丸こんにゃくの串刺(100円)を食べる。山形駅へ戻り美味しいモノを探して町を1時間くらい歩くが、いい店が見つからず。自分の「いい店」の定義は、山菜や地元の食材を出してくれるところなのだが、案外駅の近くにはこのような店は見つけられなかった。かろうじて飲み屋のメニューに見つけたが、一人飲み屋は高くつきそうなので、やめておく。結局駅ビルの山形牛を出す焼肉屋のカルビ定食1000円で妥協(結構美味しかった)。

8時頃宿に帰ると、同じフロアに中国語を話す怪しげな中年男性の姿が。中国の蛇頭が山形の酒田港を拠点に活動しているという森田靖郎氏の話を思い出し、かなり暗い気分に。とりあえず妹に電話をいれ、何かあったらすぐ連絡するからよろしくと言っておいた。

安宿も、値段と怪しさのバランスをどこで見切るかが勝負か。さすがに、一泊2,980円は安すぎたかな。怪しい宿だが、フロントのおばさんの明るさ、駅近の立地でかろうじて許せる範囲か。個人的には一泊1500円くらいにしてほしい感じ。


<行程>11:30刈田山頂(1758m)~12:10熊野岳(1840m)~12:50山宝荒神山(1703m)~13:20スターライト前~15:00蔵王温泉

<交通費>山形駅→刈田山頂(山交バス1990円)、蔵王温泉→山形駅(山交バス980円)

No comments: