13 July 2009

7月13日~19日の覚書

13日(月)晴れ 柏澄子さんからMJリンクの次回山行のお知らせをいただく。田部井淳子さんを中心に、20代から40代の女性のための山登りサークルのサポートのお誘い。第一回の那須岳からお手伝いをさせていただいている。田部井淳子さんの暖かいお人柄とパワーはあこがれだが、直接ご一緒してすごさがさらに良く理解できた。スタッフの柏さん安岡さんの細やかな心配りには学ぶことが実に多い。このような体制の中で山に行く参加者の方々は山の入門として貴重な経験をされていると思う。今回もお手伝いさせていただくことを即決。

14日(火)晴れ 昼のニュースで梅雨明け宣言。日差し強く蒸し暑い夏だ。

15日(水)晴れ 三連休の山行について下調べ。縦走したいが天気次第。

16日(木)曇り 帰路、花屋でアナナスを見つけ、あまりの美しさに悩んでいたら、なんと偶然にも妹が同じ花屋へ友達の誕生祝の花束を買いにきた。優柔不断な私を見かねて、良いと思ったら買ったほうがいいよとアドバイスを受けゲット。水遣りが少ないので、私でも育てられるかな。それにしてもきれい。

17日(金)雨のち曇り お茶の稽古。卯の花の手前。茶箱を使った平手前だが、久しぶりの手前に、私も友達もぼろぼろ。茶箱の基本手前なのに、これはどういうことか、と先生はご立腹であった。次回は雪の手前をすると予告あり、予習は必須である。

18日(土)曇り 三連休予定していた山行は後立山を予定していたが、天気予報を見る限り楽しめるとは到底思えず。他に候補の山域地図を眺めつつ天気をチェックするが、どこも雨でモチベーションは下がる。かといって、近くの低山へという気持ちに切り替えることもできず、地図と天気予報を見ているうちに時間が過ぎる。

19日(日)曇り 20日の晴れが予想されるので、ばたばたと夜行日帰りの準備。夏の高山の空気を感じたい気持ちは抑えられず、扇沢から針ノ木雪渓を経由して爺ケ岳手前の種池小屋から扇沢のラウンド。ただし、突っ込むと途中からエスケープできないので、針ノ木峠までの時間によって、ピストンかラウンドか決めることとしておく。少なくとも、コースタイムの2分の1くらいで到達できなければ。高速バスの最終便に飛び乗って松本へ。

No comments: