31 October 2009

笠間ボルダー

31日(土)晴れ 7時前に家を出発し、山手線から常磐線に乗り換えて茨城県の友部へ向かう。今週末は久美ちゃんと一泊二日で遠出を予定していたが、日曜日は天気が崩れおまけにがっつり寒気も下りてくるので急遽バスをキャンセルし、ボルダーに転向した。転向のタイミングや感覚が近くて調整がラクだった。

考えてみると私はボルダーだけを目的に山へ行くのは初めて…。今回はなんとジャックさんの講習会に潜入させていただくことに。

友部駅に集合し車で移動。田舎道を進んで15分ほどで到着した。ジャックさんは準備運動にヨガを取り入れていて、英雄のポーズなど。さすがだ。はじめに大黒岩でウォーミングアップ。パラダイスゲート(7級)からみんなで徐々に登る。ボルダーは大勢でわいわい言いながら登るのが楽しいんだ、と実感。実力の差があっても、それなりに楽しむことができる。

笠間ボルダーは基本がスラブ。ルートによりクラックなどがある。ねこ(?級)、アウトエッジ(4級)など順番にトライしていく。アウトエッジは一手がなかなか繋がらず何度目かのトライで登ったので、思わず「久美ちゃん登れたよー!」と声をあげてしまった。大黒岩は下りがルートでもあるノーハンドスラブ(10級)なので、ちょっと緊張する。

ひととおり登った後移動。山道を10分ほど歩くが、途中で4センチはあろうかと思われるスズメバチが飛んできて焦る。ある木の横を通り過ぎようとすると、威嚇するように迫ってきた。先行した人が調べると、木の根に巣を作っているらしい。迂回して先へ。

はじめに贅沢にもジャックさんの指導でクラック。落ちるとダメージ受けそうなくらいまで登るので緊張するが、後に引けない緊張の後に登り切る快感はボルダーの楽しさかも。スラブのルート。こちらも、明確なホールドがなく手をペタっと吸いつけて登る”スラブ的”緊張感は久しぶり。最後に一本何度も何度も何度もトライして4級のスラブ(ジャックさん曰く3級から4級)を登る。どうしても届かないと思われたホールドをつかめたときは、本当にうれしかった。まわりの応援にも勇気づけられ完登。久美ちゃんはスラブも得意らしく、初段のルートにトライしていた。さすが。

1日思う存分岩にへばりついていた秋の一日。ボルダーの楽しさに開眼しそうだ。

No comments: