21 November 2009

地平線会議

21日(土)晴れ ぽかぽかと暖かい一日。神楽坂で大久保由美子ちゃんと待ち合わせ。以前は毎週のように一緒に山へ通っていたが、ここ数年ゆみは子育てに専念していて久しぶりの再会。何事も並みはずれた集中力でやり尽くす性質は、子育てにも表れていると思う。

私が高所登山を心から楽しいと思ったのは、ゆみが誘ってくれたムスターグ・アタがきっかけ。夏のハイシーズンをずらして遅めの9月に入山し、私たち以外には2パーティーだけの静かな山だった。悪天が続いた後半はその2パーティーも下山してしまい、最終アタックの段階で残ったのは私たち二人だけ。7000メートルの山に女二人の静かで贅沢な山登り。サミットプッシュでは、C1で降雪と雷で恐ろしい思いをし、不思議な足跡を発見し、二人だけで新雪をラッセルして進んだ。アタックの日は快晴。穏やかな頂上の景色と、下山後のすべてが輝いて見えた感激(これは不思議な体験で、下山の翌朝目覚めたときにまわりに存在…石ころや風や花…が歓喜でブルブル震えているということを感じたのだった。素粒子の振動のように。おそらく脳内麻薬の影響かとも思うけど。)は、その後高所登山に惹かれるようになった私の原体験だ。独立心と深い優しさを併せ持っているゆみは、絶好のパートナーだった。

今回は地平線会議の30周年記念集会に参加するため、少し早めに会って神楽坂のブルターニュのクレープで昼からワインを飲みながらお互いの近況報告。第二子を育てている彼女だが、今年の初めからトレイルランにはまっている…はまっているなんていうものではなく、またこれもすごい集中力で、10月のハセツネカップをなんと11時間59分で走り抜け13位に入賞した。驚異的である。初ロードだった秋のフルマラソンも、3時間台後半で走るというのだから、片手間とはいえない内容だ。そういや私も10年前のハセツネカップで女子総合3位になったことがあったな。それでも14時間29分だったのだから、全体のレベルがぐぐっと上がった今のレースだったら20位にも入れないってことか…いやはや。

12:30の開演に合わせて牛込箪笥区民ホールへ。まず受付で楽しみにしていた長野亮之介さんの「月世見画報」と、滝野沢優子さんの地平線犬クラブエコバッグをゲットしてから会場へ潜入。

当日のプログラムは、ダンスのオープニングから、Part1「自然に生きる、野生を食う(松原英俊さん、服部文祥さん、関野吉晴さんの対談)」、Part2「縄文号ができるまで(関野吉晴さん+黒潮カヌープロジェクトスタッフのプロジェクト報告)」、品行方正楽団の演奏(ケーナや和太鼓三味線などのミックス演奏)、Part3「あれから30年 ぼくらの旅の現在地(岡村隆さん、樫田秀樹さん、白根全さん、山田淳さん、広瀬敏道さん、青木明美さんのセッション)」、Part4「記録すること、続けること(江本嘉伸さん、岸本実千代さん他リレートーク」、品行方正楽団、ダイナミック地平線という内容。

どれも聞き逃せない陣容。その中で、なんといっても残像が強烈に残っているのはPart1「自然に生きる、野生を食う」のパネルディスカッションだ。『現代における"動物としてのヒト"の生き方とその具体的な方法論』というテーマ。鷹匠として日々生活している松原英俊さんにとって、動物はすべて獲物かまたは同士であり観察の対象ではないのでとにかく発言が際立っている(というか想像を超えている)。淡々と語られる日々の生活に根差した言葉は(「ハクビシンは猫に近い味がする」とか「ねずみの刺身も食べる」とかを奇をてらうわけではなく”ふつう”のこととして語る…)圧倒的。深くテーマを追求し続ける、私にとってはあこがれの行動者である関野吉晴さんと服部文祥さんは、観察者+表現者という立場の行動者である以上は、このテーマにおいて松原英俊さんとは次元が違う。マチゲンガ族と行動を共にした経験を持つ関野さんが「知人や編集者からの勧めもあり、あるときから実行者から観察者にかわった」と振り返っていたのは印象的だった。深い思考の上にサバイバル登山という新たな分野を開拓している服部文祥さんは、サバイバル登山に安住せずにさらに深化を模索していて泣けるほど正直だ。一流の行動者であり観察者である彼らだからこそ、異質であるがゆえにすごく魅力的で刺激的で考えさせられる発見に満ちたセッションになっていた。

幸運にも、会場では服部文祥さん自らが「狩猟サバイバル(みすず書房)」を先行販売していたので、大喜びで購入。直筆サインとおまけにいつもの辛口嫌味も言われつつ、再会を楽しんだ。すばらしい観察者であり、かつ行動者であることを志向する服部さんの文章は、客観的事実とともに内面描写も詳細で発見とともに考えさせられることがたくさんある。

会場では、実行委員長の長野亮之介さんはじめ顔見知りのスタッフが裏方で動いている。5年前の25周年より以上に洗練されている印象で、裏方の労力はどれほどかと想像してしまう。お客様としてとても居心地の良い会、ということは相当の準備が必要なはず。久しぶりに、高野孝子さんや高野さんの事務所で一緒に働いていたふみちゃん(今は会津の民宿田吾作の若女将)+息子と再会を喜び合う。日山協でお世話になったFさん、遠征時にお世話になったK先生…。なんだか、自分の過去の歴史を振り返るようでもあった。ばらばらと行動しているようで、実は一つに繋がっているのか。

優子さんとは再会を約束して会場を後にした。ゆみとは興奮冷めやらぬまま再びお酒を飲んで語り尽くして解散。

17 November 2009

11月16日~20日の覚書

16日(月)晴れ 朝すみすみからもらった山ナシのジャムをいただく。奥多摩の山で拾ったナシをすぐにジャムにしたそうだ。手作りの、まろやかでいて粒粒感が印象的なしっかりした味わい!

17日(火)雨 夜MJリンクの会合で表参道へ。早めに到着できたので、プラダ並びのカフェで読書。雨が降っていなければウィンドウショッピングを楽しむところ。会合は柏さんが予約してくれた小さなレストランで。騒がしくないので、ミーティングをしながらの食事に適しているとの選択。若い男性シェフが一人で切り盛りしていて、料理に対するこだわりと情熱が背中から伝わってくるような場所。確かに落ち着いた雰囲気で、料理を楽しみながらもミーティングをしっかり。前回の谷川岳のスタッフ4人で、準備段階から当日の運営などについて振り返りと意見出し。率直な意見交換。

18日(水)晴れ スイスからコントローラーが来日。

19日(木)雨 急に寒くなった。渋谷では10度を切ったらしいよとお掃除のスタッフが教えてくれた。セーター一枚では寒いので(会社では景気が悪くなる前から暖房も冷房も頻繁に使用しない‥エコでも経費削減でもなく「社員の嗜好」というところがすごい)昼休みに近くのOLYMPICまで走りプリプラのノースリーブベストを購入してしまったほど。夜は東京都山岳連盟主催のGiriGiriBoysのスパンティークゴールデンピラーの報告会へ。数字を使った詳細な報告と、なにより報告者である天野和明さんの素直な言葉の数々には唸った。明治大学山岳部は本当に立派な人たちを輩出している、と思う。具体的かつ人柄の良さが感じられる良い報告会だった。

20日(金)曇り 夜、日本山岳会学生部の報告会へ。日中韓交流登山とパンポチェ登山隊の報告。日中韓交流登山は3国が持ち回りで主催国となり開催している交流登山。学生のときに、他国の同世代の仲間と交流できるのはいろいろな意味で今後に繋がる良い経験になるはず。登山というひとつの軸で出会うことで、お互いを深く近く感じるのではないかと思う。ネパールのパンポチェ登山隊は、後輩が最年少で参加してお世話になった。報告を聞いているとリーダーはじめ参加者の人柄の良さが伝わってくる。楽しく学ぶことの多い登山だったに違いない。パンポチェ峰(6,620m)は6,500mから先の稜線が悪いため登頂を断念している。スライドを見ても、脆い岩のナイフリッジは見るからに危険そう。アンカーを取れるようなしっかりした岩がなかったという。断念したのはとてもまっとうな判断だったと思う。それでも全員が稜線手前にあるサムド峰(6,335m)に初登頂できたのだから、後輩にとってはすばらしい経験となった。連れて行ってくれた、リーダーやメンバーのみなさんのお陰だと思う。

14 November 2009

ヨガ~海の情報交換会

14日(土)雨のち曇り Shokoさん志津さんのヨガサークルで前月につづき2回目のインスト。今回もほぐしの部分を担当。このサークルは月1回護国寺の公民館で行われ、Shokoさん、志津さん、Aiさんがメインインストラクター。代表のShokoさんは資格を取得したばかりのインストラクターに場を与えて育てている。私も資格取得後に壁を感じ悩んでいたところ、今年夏に岳人9月号の仕事でご一緒した志津さんに誘っていただいたのがきっかけ。世の中には、資格を取得したがうまく実践に結び付けることができず悩んでいるヒトタチがいっぱいいるのではないかな。

実は今回、代表のShokoさんと初めてお会いした。彼女のブログを拝見しすっかりファンになっていたので、初対面なのにとても親しみを感じる。終了後に個別のアドバイスをしてくれ、さらに課題が明確になった。私は今までも良い出会いに恵まれていて、足を向けて寝られない人たちが沢山いるが、このサークルもそのひとつ。はやくインストラクターとして自立することがお返しへの第一歩か。

終了後は、ヨガに参加してくれたすみすみと一緒に千葉方面へ移動。ザックを背負いヨガマットをくくりつけているとキャンプの人だが、ザックの中身はウエットスーツ。数年前に会社の友達から1万円でサーフボードを譲り受け(今回はすみすみ旦那様のボードを借用)、そのお陰で年に1~2回サーフィンの真似事をしたりする。今回は10月の初旬にバハへサーフトリップへいったすみすみと、私のニュージーランドアイスクライミングの情報交換。出発前から帰ったら御宿に行くことをを約束していたのだ。海岸沿いにすみすみの隠れ家があり、まわりの酒飲処の話を聞くにつけ絶対行きたいと思っていた。

7時過ぎ御宿着。なんと、すみすみは舟勝(←Haramapさんリンク許可ありがとうございました!すばらしいグルメブログに感動)の予約を入れておいてくれた。無料で送迎もしてくれるということで、隠れ家を7時半に出発。期待が高まる…。店主からは「数日波が荒く漁に出ていないのであまり魚がないよ」というコメント。前日は風速28メートルもあり、砂を巻き上げて海は真っ黒なのだそうだ。まずはビールから。御通しは柿と山芋の和え物。出汁としょうゆが効いていて美味。白和え、山芋の揚げびたし、さざえ、コシガニ(カニを殻ごと細かく潰して濾し汁にしたもの)、二人では食べきれないほどの刺身(マグロ、イカ、アジ、タコなどなど)そして最後はイクラ山盛の白米で〆、ぬかずけも美味。日本酒にも合い、最高に幸せな晩餐。これ以上食べられませんというくらい満腹になって、お酒も入れて4千円とは…。東京から特急に乗って5時ころに到着し晩酌をして8時台の特急で東京へ日帰りするという人もいる、という話に納得。恐れ入りました!すてきなお店を紹介してくれたすみすみありがとう。

隠れ家に戻り、ひきつづきお互いの夏の話を夜中まで。

15日(日)晴れ 8時に起床すると外は良い天気。朝食をいただき、支度して海へ。ぽかぽか日差しの中をボードを抱えて歩くのは気持ちがいい。波は静かというわけではなく、私でも沖に出られそうな場所はないか…と目を凝らすが、どこも不可能に見える。ひとつ波を越えても、さらに波を越えて、もうひとつ越えて、さらに越えないとよい場所に到達できそうにない。初心者の私は撃沈必須、想像しただけで怖気づく。が、バハ帰りのすみすみは果敢に弱点を探しては海へ乗り込み、そのパドリングスタイルは以前とは全く違っていて、何度もテイクオフをして楽しそうだ。海に向かって気持ちが解放されている、といった感じ。それを見ていて、私も思い切って海に入ったけれど、ひとつ波を越えるので精いっぱい。波が怖くて心が開かれていません。でも、もともと海が大好きな私は、海に触れただけで幸せな気分になれて、たまには海に来るのもいいな、と思ったのだった。

午後は、すみすみが地元のデザイナーショップrulezpeepsに連れて行ってくれた。光風林が施工した建物で、地元の土やガラスなどを利用し建物を作ったそうだ。地元ブランドの服などどれも味わいがあって素敵。鴨川に住む人たちの空気感を垣間見たような気がした。御宿へと戻る途上、房総で行われた素敵なヨガリトリートのキャンプ場をミクシーで見つけた話をすると、早速探しに行こうということに。大雑把な場所しかわからず、人に道を尋ねながら行くが誰もがわからない、という。諦めかけた頃、明りの灯った床屋さんをたずねると「そのキャンプ場は知らないが、外人が住んでいるアパートがあるから行ってみたらわかるかもしれない」との情報が。言われた通りの道順で行くと、畑を抜けた森の中に探していた不思議な森中滝アートヴィレッジがあった。そして…そこは26歳のときに、大勢の友達と集った場所でもあったことをいきなり思い出した。なんだか不思議な巡りあわせ。当時のオーナーは本国へ帰国し、残った土地は分割して複数のオーナーのものになっているようだ。昔と変わらず不思議な空気感。日本じゃないような感覚に陥る。ひっそりと佇むカフェ"虹の谷Seeds"でフレッシュハーブティー。まわりにキャビンなどが点在していて宿泊もできる。26歳の頃を思い出しながら時間と空間を浮遊。すみすみと、また来たいねと話ながら帰京。充実の週末をありがとう!

2 November 2009

11月2日~6日の覚書

2日(月)雨 北からの寒気が入り込んで寒い。東京は朝から雨。東北や北陸の山々は雪になったようだ。昼休み、会社の女性全員で新しくできた中華レストランでランチ。30代、40代、50代の女性6人で個室を予約する。会社の周りには食べるところがあまりないので、普段は社内でお弁当が多いのだが、たまには外に来るのものいいねなどと話す。

3日(火)晴れ 祝日 雨の後で空気が澄んでいる。朝起きると窓から遠く日光や奥多摩の山々をぐるりと見渡すことができ、その山肌の様子まで見ることができるほどだった。今日はひとつ原稿を書かねばならないものがあるので、お籠り。午前中は例によって掃除、普段手をつけなかった書類をすっきり片付けることができた。うれしい。午後は懸案であった新しいPCのセットアップを完了。夜、通販で購入したスチーム掃除機(←リンクすると音がでるので注意)が届いた。フローリングの掃除は難しいと常々思っており、年末の掃除を控え床掃除はプロに頼まなきゃいかんのかと悩んでいたところだったので思い切ってショップジャパンで購入。届いたものは、というと、予想よりもシャビーな作りで本当は定価の半値くらいのものでは?と思うような品物だった。返品もありかと考えつつ、おそるおそるキッチン周りのフローリングを掃除したところ、油汚れが比較的落ちたようだったので、機能はそれほど悪くはなさそうか。家の雑事を一気にこなして密度の濃い一日で満足。

4日(水)晴れ 久しぶりの友達と食事。車できちゃったというので、私だけビールをいただいた。一人で晩酌することはないが、気の許せる友達と食事するときはビールが飲みたくなる。お互いの近況報告と情報交換など。将来の夢に向けて着実に誠実に毎日を積み重ねる姿にはいつも感心し学ぶことがおおい。目的がぶれないところがなによりもすごいと思う。集中力を見習わねばならない。夜、ある集まりのメンバーになるようにとの先輩からの電話。学生時代から御世話になっており、もちろん恩返しをしたいところではあるが、とても悩む。数日の間に返事をしなければならない。

5日(木)晴れ タオ指圧へ。私は足にエネルギーが集中していて気が滞っていると言われているのだが、今回は先生曰く「驚くほど柔らかくなった」らしい。地平線会議の通信を編集長である江本嘉伸さんからニュージーランドのこと書いて、と言われて原稿。私の文章は、こちらも「硬い」と言われることが多い。地平線会議の通信の文章はとても難しい。読んでいる層が結構コアであり下手なことが書けないという緊張感があるのと同時に、話しかけるように楽に引き込むようにやわらかく文章を運んでいく、という雰囲気が必要。私みたいな直球の硬い文章じゃなく。本当に、何度も何度も書き直しても書けないので参った。

6日(金)晴れ 早朝やっと地平線通信の記事を書きあげて、江本さんへ送信。昼休みに電話でいくつかコメントを受けた。的確なコメントをいただき、本当に親身に読み込んでくださっていることを実感、とてもありがたい。