18 January 2010

スキー@ハンターマウンテン

17日(日)晴れ 今回は最大滑走距離3000メートルのうたい文句に惹かれて、塩原のハンターマウンテンへ。とにかく長距離を滑りこみたいということで来てしまったが、到着して若者かつスノーボーダー率の多さに圧倒された。1月中旬ということもあるのかもしれないが、まるで街中にいるように人が錯綜しているという印象だ。

幸い高速のゴンドラの回転は速く思ったよりは人が捌けていくので安心したが、滑り出しの斜面にもスノーボーダーがやたらと座り込んでいたりして、違和感がある。

掟破りなスピードで近くをすり抜けていく若者多数で気を使う。下手すると、巻き込まれて事故、なんてことにもなりかねない。滑りに安定感があってスピードを出しているのであればこちらも方向が読めるのだけれど、安定感がないのにスピードだけあるボーダーが多いのだ。こちらの動きを読んで避けてくれるという配慮があまり感じられないのも恐い。

数本滑ると、このスキー場で自分の滑りに集中していては危ないことがわかってきた。まわりに気をつけながらゆるゆると練習。案の定、斜滑降で移動中に後ろから追突され、すっとばされること1回(これは初心者スキーヤーだったけれど)。やはり危険すぎる。10代の頃だったら一緒に暴走していたかもしれないが、大人には無理。

無法地帯と呼びたくなるスキー場だったが、なんとか15本くらいは滑って元はとっておいた。

No comments: