13 February 2010

韓国アイスクライミング合宿3

13日(土)雪のち曇り 8:00誰ともなく起床。窓の外を見ると真っ白。昨晩から降り始めた雪が20センチくらい積っていた。みんな大喜びで写真を撮りまくっている。

太さんが買ってきてくれたサンドイッチと豆乳で朝食。サンドイッチはピタパンのような厚めのパンに肉や野菜が挟んであり不思議な食感だが、美味しかった。
10:00 お世話になった山屋御用達の宿”ヨウル”のご主人、Seu Kaong Ho氏にご挨拶して宿を出発。
今日は、去年初めて連れてきてもらったハンデ氷場へ向かう。到着すると、朝ソウルを出発したクライミング仲間のハンさんとイーさんが先に到着していた。
ハンデ氷場は、氷のパートが2つに分かれていて、左側の氷は自由にリードが可能。右側の50×2ピッチの氷は、1日1組しか登れないのだが、なんと田さんが「今回の仕上げに」と事前に予約をしてくれたという。しかし、指差されたそのルートを見上げると、とても自分にリードできるような代物ではなく、フォローでも登れるかどうか、といったルートだった。「リードは無理だわ」ということで、田さんリード、私がセカンド、ヤンさんがラストで登ることになった。
実は、なにより核心だったのは、アプローチ。数日暖かい日が続いたらしく、通常凍っているはずの取りつきが湖となっていたのだった。太さんが強引に頼み込んでくれ、氷場を管理しているスタッフが簡易渡し船を遠くから運んできてくれた。
11:00登攀開始。田さんはさすがに安定した登りだ。右上してバーティカルになるあたりから慎重になったので、核心部の場所が読める。ビレイオフの後、しばらくして登っていいよとコールがかかった。出だしは、サクサク登れたが、見ていたとおり斜度が強くなってくるあたりから一気に難しくなる。思った以上に腕の消耗が激しく、一振りしてはシェークしなければパンプしてしまうほどで、フリーを真面目にやっていなかった自分を後悔し、文字通り泣きが入りそうになった。しかし、疑問に思っていたN-BODYに型を変えると、明らかに消耗が抑えられるのがわかる。目からウロコ。厳しい状況になってはじめて、今まで腑に落ちなかったものが一気に明快になる。バーティカルで威力を発揮するギア組みと型。そうでなければいけない理由。経験しなければ気付けないものだ。
2ピッチ目。氷の状態があまり良くないようだ。出だしから回り込むように登るので、リードをする田さんの登る姿は見えないが、ロープの進み具合を見ると、けっこう苦戦しているように感じられる。おそらく、慎重にリードしているに違いなかった。しばらく時間がかかってから、ロープがスルスルと引かれた。コールが届かないようだが、「2回引っ張ったら登っていいよということだから」という事前の打ち合わせどおり、ロープが引っ張られた。

1ピッチ目にかなり苦労したので登り始めは気が重かったが、気持ちを奮い立たせる。いずれにせよ、セカンドなんだし、思い切り登るしかないのだ。幸い、ビレイ点で十分レストできたようで、腕のパンプは回復している。出だしからN-BODYを駆使し、消耗を抑えて登ることに慣れてきた。しかし2ピッチ目は高度感も出て、露出度が高い。おまけに少しかぶった氷まであり、かなりプレッシャーを感じながらの登りになった。

ビレイポイントにいる田さんが見えるあたりまで到着した。セカンドとはいえギリギリだっただけに、登った後の充実感はひとしお。久しぶりに「登ったあ」という感覚を味わう。
普段はあまり自分の写真を撮らないのだが、田さんが「カメラかして」と私の姿を撮ってくれた。
15:00 ヤンさんも到着し、終了点でパチリ。左から田さん、私、同い年のヤンさん(笑いのツボが一緒のヤンくんはビレイ中終始冗談を言っては笑わせてくれた!多分緊張する私の気持ちをほぐそうとしていたんだと思う)。

力以上のルートに行けるのは、仲間のお陰。田さん、ヤンさんには本当に感謝だ。自分ができることしかやってないと伸びシロも少ないが、こういうルートに出ると、一気に学びが広がっていく。久しぶりに味わう感覚だった。

懸垂下降で下りると、太さんから「随分成長したじゃない!トレーニングがんばったでしょう?」と言われるが、彼らのトレーニング量を思うと恥ずかしすぎて答えられなかった。

帰路は、数台の車に分乗し、グルメなハンさんおススメの老舗冷麺店に立ち寄り。これも、なんだか日本の山屋と同じパターン。老舗冷麺店では、そば団子やそば湯が出されどれもウマい。実は旧暦の大みそかである今日は、冷麺が年越しそばなんだよ、と太さんが教えてくれたのだった。

No comments: