24 April 2011

富士山

4月24日(日) ケイさんと予定していた不帰の雪稜は、天気大荒れのためキャンセル。温泉アタックでもいいよね、と言っていたけれど、車に便乗させてもらう予定だった別ルートを狙うホンモノのクライマーたちはもちろんこの天気で現地まで行く理由はないので行かないことになった。天気は徐々に回復の兆しだったので、日曜日だけでもどこか行こうかと相談。以前からお会いしたいと思っていた素敵な女性クライマーの方が富士山に向かうということで、2人で便乗させてもらうことになる。天気は回復傾向にあるとはいえ、強風が予測されたので、無理しないで行こうねということで出発。23日(土)夜出で富士山へ。夜は道の駅でテントを張り宿泊。初めてお会いするユッキーさんは、思った通りとても素敵な方ですぐに打ち解けうれしかった。翌朝馬がえしまで車で入り、吉田口から登り始める。3.11の地震により倒れたと思われる灯篭など多数あり影響の大きさを目の当たりにする。登るにつれて根雪がツルツルに氷化している個所が多くなり、私たちは早々にアイゼンに切り替えてさくさく進むことにした。佐藤小屋を超えたあたりから、冷たい風と、突風など。「富士山というとトレーニングのイメージが強い(学生時代から毎年雪上訓練に来ていたためだ)」と私が言うと、ケイさんは「私はトレーニングに何をしているのかと良く質問されるけれど、自分の中にはトレーニングの概念はない」という。どんな山でも本番なんだ、と。良く考えると私の場合は逆で、どんな山でも次へのステップというか、常にトレーニングをしているような気持ちでいることに気づく。雪の時期に吉田口から登るのは久しぶりだ。富士山にトレーニングに来るときは1人が多いので、御殿場口から登るのがほとんど。御殿場口は吉田口に比べて傾斜が緩く、1人でもそれほど怖くないというのが理由なので、吉田口はやはり緊張感がある。七合五尺の鳥居をくぐると風が強くなってきた。時折突風もあり、頂上は雪炎が舞っている。3人で話し合い、ここで折り返し下った。

17 April 2011

大磯の里山へ

4月17日(日) Hitsuji Project Survival Night 2の場所探しのため相棒のHitsuji-Sちゃんと2人で大磯へ。次回は実際に着の身着のままでのビバーク(野営)を予定しているので、なかなか適した場所が見つからなかったのだが、先日原宿のマクロビレストランMominoki Houseでお会いした中里さんから「よければ大磯のウチの土地を使ってよ」ととっても有り難いオファーをいただき、早速下見に行くことになった。中里さんは大磯でEpinardという素敵なお家兼イベントハウスを運営していらっしゃって、大磯の土地を愛し約20年前から都心からこの地へ移り住んでこられたのだという。ラダックのレーで出会ったリッキーちゃんも一緒に裏山を下見がてら散策。神揃山という、地元の5つの神様が年に1回5月5日に集まってくるという山がある。なんともすーっと清らかな空気のある場所で、明らかに良い気が流れているのを感じさせてくれる場所であった。Hitsuji-Sと私はこの場がとても気に行ったのだが、公の場所でありサバイバルナイトという、ちょっとヤクザなイベントをやるにはそれなりに交渉が必要であることがわかった。

中里さんにガイドをしていただき、大磯の里山を散策。暖かな太陽の日差しの下で、ミカン畑や牛舎や畑やジギルとハイド氏の朽ちかけた邸宅や、大きな松ぼっくりがなる木やいろいろの間をぬって歩いた。今度は海を見に来よう。そのうちにリッキーちゃんがお好み焼きパーティーをやってくれるかな。

16 April 2011

Hitsuji Project Survival Night 1

4月16日(土) Hitsuji Project第一弾企画 大震災チャリティーイベント「サバイバルナイト1」を原宿デザイン・フェスタギャラリーイーストにて行った。

Hitsuji Projectは、柏澄子さんと私の2人のコラボレーションユニット。去年の夏に乳頭山から八幡平まで青い峰々を縦走中に、アウトドアを楽しむ人たちがもっともっと幸せになるようなことがしたいね…という話から始まった、ゲリラ的活動ユニットなのだ。東北での震災を機に、私たちができることはと考えて第一弾の活動としてチャリティーイベントを行うことになった。

3月19日の私の誕生日の日、柏さんが「今回の震災のために何かできることがないかと考えているんだけど」と切り出したのがはじまり。そのとき私も数日前に歯磨きをしながら「自分ができることで何かできることはないか」思い巡らせていたときに思いついたアイデアがあり、「着の身着のままで夜を過ごすというチャリティーイベントをやってみたいと思っていたんだけど…」と切り出したところ、意気投合。すぐに喫茶店に駆け込んで企画を練ったのだった。一緒に活動したい人たちの予定を確認したり、お互いの仕事分担を振り分けたり。柏さんとはMJリンクなどで一緒に仕事を重ねているので、だいたい要領がわかるのでとても仕事がしやすい仲間(というか彼女がとても優秀であるがゆえ)なのだ。お互いが自然に補完しあいながら仕事を進めることができる貴重な仲間。2人でひとつのプロジェクトができる仲間。だからHitsuji Projectでは、Hitsuji-SとHitsuji-Mとして藤子不二雄みたいにやっていこうということになった。

2人の共通の友達でとびきり素敵な人たちにラブコールを送り、柏さんの友達で以前からHitsujiの活動に協力すると宣言してくれていたガーデンデザイナーの香代ちゃんにもぜひ植物の話をしてもらおうという話になり、みんなの予定を確保しつつ平行して内容を決めていった。でも、会場を探す段になるとさすがに震災直後で「着の身着のまま」を受け入れてくれそうなところが見つからず、また、リスク管理などを考えると私たちの側にも準備期間が少ないため、今回は「生きること」のヒントとなるようなメッセージのあるスライドトークを加藤直之さん 長濱香代子さんにお願いすることになった。

それでも、やっぱり会場探しは大変で、調べて問い合わせての繰り返し。お陰で東京都内のイベント会場についてかなり詳しくなることができるほどだった。最終的には値段や場所やもろもろを天秤にかけたうえで原宿に決めた。

当日お二人のスライド&トークはとてもすばらしかった。最後に行ったオークションでは会場に来てくれた方々が思いの品を出品してくれ、来れなかった方からも手づくりのバッグなどバザー品を提供していただいたりした。柏さんの知人の某大手企業さんからは濡れても大丈夫なシリコンのコインケースなどを提供していただいたり。有り難いことである。

というのが、ちょっと裏話。正式なレポートはHitsuji Projectに書いたので、よろしければ覗いてくださいね。

WFAウィルダネスファーストエイド

4月14日~15日 群馬県でウィルダネスファーストエイドを受講。参加者は野外活動関係者がほとんどでしたが、意識が高く刺激の多い講習会でした。講師のDavidは、無駄がなく、経験に即して分かり易く、そして楽しいという3拍子揃った講義。参加者のみなさんともしきりに「楽しかったねえ」と話し、次回も会いましょうね、と言ってわかれました。去年受講したWFAの良い復習になりました。