17 April 2011

大磯の里山へ

4月17日(日) Hitsuji Project Survival Night 2の場所探しのため相棒のHitsuji-Sちゃんと2人で大磯へ。次回は実際に着の身着のままでのビバーク(野営)を予定しているので、なかなか適した場所が見つからなかったのだが、先日原宿のマクロビレストランMominoki Houseでお会いした中里さんから「よければ大磯のウチの土地を使ってよ」ととっても有り難いオファーをいただき、早速下見に行くことになった。中里さんは大磯でEpinardという素敵なお家兼イベントハウスを運営していらっしゃって、大磯の土地を愛し約20年前から都心からこの地へ移り住んでこられたのだという。ラダックのレーで出会ったリッキーちゃんも一緒に裏山を下見がてら散策。神揃山という、地元の5つの神様が年に1回5月5日に集まってくるという山がある。なんともすーっと清らかな空気のある場所で、明らかに良い気が流れているのを感じさせてくれる場所であった。Hitsuji-Sと私はこの場がとても気に行ったのだが、公の場所でありサバイバルナイトという、ちょっとヤクザなイベントをやるにはそれなりに交渉が必要であることがわかった。

中里さんにガイドをしていただき、大磯の里山を散策。暖かな太陽の日差しの下で、ミカン畑や牛舎や畑やジギルとハイド氏の朽ちかけた邸宅や、大きな松ぼっくりがなる木やいろいろの間をぬって歩いた。今度は海を見に来よう。そのうちにリッキーちゃんがお好み焼きパーティーをやってくれるかな。

No comments: