31 January 2012

1月の覚書

1月は、出不精な私にとってなかなか怒涛の日々でした。いくつか別枠で書き出して記録しておきたいものもありますが、とりあえず覚書にて。


1日 実家で新年顔合わせ

4日 乗鞍岳 三本滝にて初アイスクライミング+初テレマーク with 小林亘さん

7~9日 甲斐駒ケ岳 黄蓮谷左俣登攀 with 谷口けいさん
核心の最終ピッチをリードするケイさん
(けいさんの計らいでほとんどのピッチを恩田リードとなりバテバテ)

10~11日 丹沢にて登山ガイド実地検定試験(登山ガイド1なんとか受かりました…)

12日 国立登山研修所専門調査委員会

14日 初釜@裏千家竹村教室

15日 MJリンク 新年顔合わせ登山@高尾山+うかい鳥山
高尾山を歩いた後はうかい鳥山
MJリンク呼びかけ人田部井淳子さんを囲んでの夕食会

19日 Hitsuji Project(柏澄子さんと共同運営)サバイバルナイトシリーズ低体温症編
モンベル渋谷店
講義の後にグループに別れて低体温症のロールプレイ

20日 伊佐先生カイロプラクティック整体

21日 目白台ヨガ(宇田詔子さん主催のヨガにインストラクター参加です)

22日 瑞浪クライミング with 小林亘さん

23日 燕スタジオ月イチヨガ

24日 アルパインツアー女子登山新規プロジェクトミーティング(第1回は筑波山です

25日 妹バースディ―パーティー@ペニンシュラ東京

28~29日 錫丈岳クライミング P4クラック(with all natural protections)
悪い2ピッチ目をリードする宮城さん
(1Pと3Pを恩田リード 3Pナチュラルプロテクションでのチムニーはシビレました)

30日 お茶稽古@裏千家竹村教室

31日 タオ指圧


ひとつひとつ語ると面白すぎるので、いずれ書きたいと思います。

3 January 2012

2012年のはじめに

あけましておめでとうございます。
昨年は、日本にとっては本当に大変な激震の年でした。

私にとってはどんな年だったのだろう。
ふりかえってみると、ずいぶんと動きのある年であったように思います。
ブログが滞っているので、昨年一年間の主なトピックスを覚書で記しておきます。

1月:①韓国ウインタークライマーズミーティング参加②ユミと久しぶりにアイスクライミング

2月:①錫丈でケイさんとアルパインクライミング②北海道カムイにて初ドライツーリング③沼尻高原ロッジにて初雪上ヨガのインストラクション

3月:①MJリンクで初雪山企画実施②岳人に韓国登山事情について記事執筆

4月:①Hitsuji Project始動サバイバルナイト1(チャリティー)実施②WFA(ウィルダネスファーストエイド)受講

5月:①源次郎尾根で久しぶりの雪稜②Hitsuji Projectサバイバルナイト2実施

6月:①ヨーガニケタンにてヨーガ療法士資格取得+ヨーガ学会にて発表②ガイド試験筆記合格

7月:①ペルーに再訪し3年越しの夢だったアルパマヨ峰に登頂

8月:①MJリンクの八ヶ岳で初縦走企画実施

9月:①本業の展示会アテンド

10月:①登山ガイドレスキュー講習会②太陽寺にて初ヨガリトリート実施③国立登山研修所「登山研修」編集委員として編集に関わる④クライミングジム”ロックランズ”で西村志津さんとトークショー(今までの海外登山について話す)

11月:①泉区ボランティアセンターへHitsuji Projectからサバイバルナイト低体温症講義を出前
②登山研修所友の会で和田城志さんや伊藤仰二さんら冬の剣で活躍する人たちの講演準備実施
③高校の同窓会出席④家族と伊豆へ温泉旅行④田部井裕美さん初町企画で小金井公園でヨガのインストラクション

12月:①お茶の水エルブレスにて冬の低山について机上講習講師②エルブレス三つ峠登山講師③鷲ヶ峰ひゅってヨガリトリート実施④クラッククライミング合宿実施


1年はあっという間で、なにもしないうちに過ぎ去ってしまったかのように思えるのですが、ふりかえってみると、いろいろなことをやっていたことに改めて気付かされます。


さて、今年はどういう年になるのでしょう。

去年12月の鷲ヶ峰ひゅってヨガリトリートで、私も一緒に自分のふりかえりと、未来への夢について書き出したのですが、だいたいやりたいことの傾向というのは、おのずと現れてくるように思いました。

傾向としては、山とヨガがメインになるであろう予感がしています。自分の登山、ヨガリトリート、そのほかMJリンクでの登山企画実施、Hitsuji Projectのまじめな遊び計画の企画実施などなど。でも、それらだけにとらわれないで、自由な波に乗りながら1年を過ごしてみたいなと思っています。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

アルパマヨ頂上へ続く最後の雪壁
この先に何が見えるのかなあ?